プロフィール

くすりのとくさん

Author:くすりのとくさん
<プロフィール> 
トクダ健康メディカル 代表
徳田 正武(TOKUDA MASATAKE)
健康メディカルコンサルタント
&アドバイザー 

国内大手製薬会社で40年のキャリアがあります。 薬剤師、薬理学修士、慶應義塾大MBA(嶋口ゼミ)取得者で血栓止血領域(ワルファリン等)・血管・CT・MRI造影剤領域プロダクトマネージャー、安全管理部(GVP)、渉外部、医療機器分野の新規事業部長の経験があります。

趣味:パラグライダー、フライフィッシング、ゴルフ、テニスなど

ブログ管理
新しくブログを書く
過去の記事の管理

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

姉妹サイト紹介


ブログ名
EBMで裏付けされた健康メディカル情報
新しい話題、ホットな情報はこちらのサイトでもアップしています!! 是非どうぞ!
ブログ紹介
世界で最も権威のあるハーブ&サプリメントの聖書として有名な「ナチュラルスタンダードによる有効性評価 ハーブ&サプリメント」をベースにEvidence Based Medicine(EBM)=医学的なエビデンスに基づいた有効性、安全性と相互作用情報を不老長寿を目指す中高年者及びシニアを対象に広く情報提供します。 とくに、アルツハイマー型認知症、高血圧、糖尿病、高脂血症、痛風、がん(癌)、心房細動、前立腺肥大、逆流性食道炎、骨粗鬆症、肝疾患、更年期障害、リウマチなどの疾病や生活習慣病を日常の食品やサプリ&ハーブで予防するという健康VIPルームです。

ご案内(掲示板):最も権威あるサプリ情報


ナチュラルメディスン(メディカルハーブ&サプリ)の世界には医学的にエビデンス(根拠)のない情報があふれかえっているのも事実です。高血圧症にいいとか、ガンにいいとか、コレステロールを下げるとかなど何を根拠に言っているのか疑問に思われる情報が飛び交っています。どれが本当でどれがウソなのかわからなくなっています。

このブログでは世界で最も権威のあるハーブ&サプリメントの聖書として有名な 「ナチュラルスタンダードによる有効性評価 ハーブ&サプリメント」でAランク、Bランクを中心に(一部Cランクまで)を紹介しています。
ランク付けは「 A:強力な科学的根拠がある   B:十分な科学的根拠がある  C:不確かあるいは相反する科学的根拠がある」となっています。

「ナチュラルスタンダードによる有効性評価 ハーブ&サプリメント」(キャサリン・E.ウルブリヒト&イーサン・M.バッシュ編集 産調出版 定価24,000円)

→「 医学的なエビデンス(EBM*)に基づいたサプリ&ハーブ情報」の詳細ページを開く

リンク

全記事表示リンク

RSS

心房細動にはワルファリンは必須?

高齢化とともに心房細動は増加しています。
心房細動は脈拍の間隔がバラバラになり頻繁んに脈をうつ不整脈です。高齢者で治療を要する不整脈として最もよく見られるものです。
心房細動の自覚症状は動悸ですが、発作性心房細動と慢性の持続性心房細動があります。
どちらも脳梗塞などの心原性由来の脳塞栓を引き起こす原因となるので注意が必要です。
脳梗塞の原因の1/3を心房細動が占めると言われているぐらいです。
心房細動では心房部分が小刻みに震えるためそこで血流がよどみ、血のかたまりができやすくなります。
血のかたまりは血液の流れに乗って脳の血管につまり、脳塞栓による脳梗塞になります。

心房細動による脳梗塞は動脈硬化による脳梗塞よりも梗塞の範囲が大きく、重症になりやすいといわれています。また何度も脳梗塞を繰り返すことが特徴ですのでしっかりした治療と再予防が必要です。

心臓弁膜症や心不全を起こす心疾患があると心房細動になりやすいと言われています。
また、虚血性心疾患や心筋症、高血圧などに合併することもあります。

発作性心房細動は、飲酒、睡眠不足、激しい運動、肥満、過労、ストレス、暴飲暴食、低カリウム血症などが引き金になると言われています。

慢性化した心房細動はほとんど元に戻りません。
脈拍数が多い場合は、それ自体で心不全になりますので、心拍数をコントロールする薬が使われます。
心拍数コントロールのために「ジギタリス」や「β遮断薬」を使い、動脈塞栓予防のために「抗凝固薬」や「抗血小板薬」を使います。

心房細動があって、脳梗塞になりやすいと判断された人は予防のための薬ワルファリン(商品名:ワーファリン)を飲み続けることになります。
脳梗塞になりやすい心房細動の患者さんとは、「脳梗塞を起こしたことがある人」、「心不全」、「弁膜症」、「肥大型または拡張型心筋症」、「ペースメーカー植え込み」、「虚血性心疾患」、「高血圧」、「糖尿病」などを合併した人たちになります。なお、年齢も動脈塞栓の危険性に影響する大きなファクターです。

 ワルファリン療法は、脳出血などの出血性合併症、定期的な血液検査が必要なことなどから管理が面倒なことにより、特に非医師はいまだに消極的です。

しかし、現在では、心房細動の動脈塞栓の予防にはワルファリン療法が世界の標準となっています。

ワルファリン療法は、「きちんと管理すれば副作用の危険性よりは、恩恵のほうがずっと大きい」と考えられます。ただし、あくまでもきちんと管理できることが条件です。

 ワルファリンの適量は、食事の種類や量、体質などによっても変化するので、定期的に血液検査(PT-INRまたはトロンボテスト(%))を1か月に1回ぐらいの頻度で受けなければなりません。

また、ビタミンKを多量に含む納豆、クロレラ、青汁などの食品はワルファリンの効果をなくしてしまうので、摂取しないように指導されます。

 一方、ホウレンソウやブロッコリーなどの緑物野菜もビタミンKを含みますが、普通に食べる回数・量ではほとんど問題になりませんが、多く食べすぎないことが大事です。
きちんと食事管理すれば、脳塞栓症も決して怖くない病気なのです。また、多くの消炎鎮痛剤をはじめ抗生
物質、抗がん剤などの治療薬が併用によりワルファリンと相互作用を起こすてワルファリンの作用が減弱したり増強されたりしますので併用薬には注意が必要です。サプリメントでも相互作用を起こします。
ワルファリン服用されている場合は医師、薬剤師にはワルファリンを飲んでいることを必ずお伝えすることが大事になります。

→→トップページ

サプリメントとの相互作用と安全性情報については姉妹サイトの
→「予防としてのナチュラルメディスン(メディカルハーブ&サプリ)の世界」を必ず参照されてからお使いください。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す