プロフィール

くすりのとくさん

Author:くすりのとくさん
<プロフィール> 
トクダ健康メディカル 代表
徳田 正武(TOKUDA MASATAKE)
健康メディカルコンサルタント
&アドバイザー 

国内大手製薬会社で40年のキャリアがあります。 薬剤師、薬理学修士、慶應義塾大MBA(嶋口ゼミ)取得者で血栓止血領域(ワルファリン等)・血管・CT・MRI造影剤領域プロダクトマネージャー、安全管理部(GVP)、渉外部、医療機器分野の新規事業部長の経験があります。

趣味:パラグライダー、フライフィッシング、ゴルフ、テニスなど

ブログ管理
新しくブログを書く
過去の記事の管理

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

姉妹サイト紹介


ブログ名
EBMで裏付けされた健康メディカル情報
新しい話題、ホットな情報はこちらのサイトでもアップしています!! 是非どうぞ!
ブログ紹介
世界で最も権威のあるハーブ&サプリメントの聖書として有名な「ナチュラルスタンダードによる有効性評価 ハーブ&サプリメント」をベースにEvidence Based Medicine(EBM)=医学的なエビデンスに基づいた有効性、安全性と相互作用情報を不老長寿を目指す中高年者及びシニアを対象に広く情報提供します。 とくに、アルツハイマー型認知症、高血圧、糖尿病、高脂血症、痛風、がん(癌)、心房細動、前立腺肥大、逆流性食道炎、骨粗鬆症、肝疾患、更年期障害、リウマチなどの疾病や生活習慣病を日常の食品やサプリ&ハーブで予防するという健康VIPルームです。

ご案内(掲示板):最も権威あるサプリ情報


ナチュラルメディスン(メディカルハーブ&サプリ)の世界には医学的にエビデンス(根拠)のない情報があふれかえっているのも事実です。高血圧症にいいとか、ガンにいいとか、コレステロールを下げるとかなど何を根拠に言っているのか疑問に思われる情報が飛び交っています。どれが本当でどれがウソなのかわからなくなっています。

このブログでは世界で最も権威のあるハーブ&サプリメントの聖書として有名な 「ナチュラルスタンダードによる有効性評価 ハーブ&サプリメント」でAランク、Bランクを中心に(一部Cランクまで)を紹介しています。
ランク付けは「 A:強力な科学的根拠がある   B:十分な科学的根拠がある  C:不確かあるいは相反する科学的根拠がある」となっています。

「ナチュラルスタンダードによる有効性評価 ハーブ&サプリメント」(キャサリン・E.ウルブリヒト&イーサン・M.バッシュ編集 産調出版 定価24,000円)

→「 医学的なエビデンス(EBM*)に基づいたサプリ&ハーブ情報」の詳細ページを開く

リンク

全記事表示リンク

RSS

グルコサミンは膝関節の痛みに効くの?

グルコサミンは糖の一種で、グルコースにアミノ基が付いた代表的なアミノ糖であり、動物の皮膚や軟骨、甲骨類の殻に含まれています。
工業的にはカニやエビなどの甲殻から得られるキチンを塩酸などで分解して製造されています。

俗に「関節の動きをなめらかにする」、「関節の痛みを改善する」などといわれ、ヒトでの有効性については、硫酸グルコサミンの摂取が骨関節炎におそらく有効と思われています。
 ただし、重篤で慢性的な骨関節炎の痛みの緩和に対しては、その効果がないことが示唆されています。

安全性については、硫酸グルコサミンは適切に摂取すればおそらく安全と思われており、塩酸グルコサミンは短期間、適切に摂取する場合は安全性が示唆されています。
若い人が長期にわたって摂取すると、自然な軟骨再生力が低下する可能性がります。
妊娠中・授乳中の安全性についてはデータが十分でないことから使用を避けるべきとされています。


医薬品等との相互作用

・高用量のコンドロイチン硫酸(2,400mg/日)と高用量のグルコサミン(3,000mg/日)の併用はワルファリンの作用を増強する可能性を示唆した報告があります。
・ワルファリン7.5mg/日を5年間投与していた71歳男性が、グルコサミン塩酸塩1,500mgとコンドロイチン硫酸1200mgを1日2回摂取し、3週間でプロトロンビン時間(INR)の延長がみられ、グルコサミン塩酸塩750mg/日、コンドロイチン硫酸600mg/日に減量してもINRが延長し続け、摂取の中止及びワルファリン投与量の半減により、回復したという症例報告があります。

・食品・医薬品の規制を担当しているオーストラリアTGA(Therapeutic Goods Administration)にワルファリンとグルコサミンの相互作用を示唆する報告が12件寄せられています。グルコサミン摂取により、ワルファリン治療で安定していたINR(国際標準比)が変化し、多くの場合は無症状でしたが、2件は出血傾向を示したと報告されています。気をつけるにこしたことはありません。

・他のハーブやサプリメント、食品との相互作用はとくに知られていません。


関連記事:キャッツクローはリウマチに効くの?

→→トップページ

サプリメントとの相互作用と安全性情報については姉妹サイトの
→「予防としてのナチュラルメディスン(メディカルハーブ&サプリ)の世界」を必ず参照されてからお使いください。
トラックバック
by EBMで裏付けされた健康食品、サプリ&ハーブ情報 on 2010/09/15 at 22:44:22

くすりのとくさん がお薦めする 「サプリメントとメディカルハーブのお薦め商品」と「とっておき情報」 を紹介します。 最新記事からの抜粋。 血圧低下作用のあるサプリとハーブは? タウリンと血圧低下、肝機能改善 ゴマリグナン類 (セサミン等) (水溶性食物繊?...

トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す