プロフィール

くすりのとくさん

Author:くすりのとくさん
<プロフィール> 
トクダ健康メディカル 代表
徳田 正武(TOKUDA MASATAKE)
健康メディカルコンサルタント
&アドバイザー 

国内大手製薬会社で40年のキャリアがあります。 薬剤師、薬理学修士、慶應義塾大MBA(嶋口ゼミ)取得者で血栓止血領域(ワルファリン等)・血管・CT・MRI造影剤領域プロダクトマネージャー、安全管理部(GVP)、渉外部、医療機器分野の新規事業部長の経験があります。

趣味:パラグライダー、フライフィッシング、ゴルフ、テニスなど

ブログ管理
新しくブログを書く
過去の記事の管理

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

姉妹サイト紹介


ブログ名
EBMで裏付けされた健康メディカル情報
新しい話題、ホットな情報はこちらのサイトでもアップしています!! 是非どうぞ!
ブログ紹介
世界で最も権威のあるハーブ&サプリメントの聖書として有名な「ナチュラルスタンダードによる有効性評価 ハーブ&サプリメント」をベースにEvidence Based Medicine(EBM)=医学的なエビデンスに基づいた有効性、安全性と相互作用情報を不老長寿を目指す中高年者及びシニアを対象に広く情報提供します。 とくに、アルツハイマー型認知症、高血圧、糖尿病、高脂血症、痛風、がん(癌)、心房細動、前立腺肥大、逆流性食道炎、骨粗鬆症、肝疾患、更年期障害、リウマチなどの疾病や生活習慣病を日常の食品やサプリ&ハーブで予防するという健康VIPルームです。

ご案内(掲示板):最も権威あるサプリ情報


ナチュラルメディスン(メディカルハーブ&サプリ)の世界には医学的にエビデンス(根拠)のない情報があふれかえっているのも事実です。高血圧症にいいとか、ガンにいいとか、コレステロールを下げるとかなど何を根拠に言っているのか疑問に思われる情報が飛び交っています。どれが本当でどれがウソなのかわからなくなっています。

このブログでは世界で最も権威のあるハーブ&サプリメントの聖書として有名な 「ナチュラルスタンダードによる有効性評価 ハーブ&サプリメント」でAランク、Bランクを中心に(一部Cランクまで)を紹介しています。
ランク付けは「 A:強力な科学的根拠がある   B:十分な科学的根拠がある  C:不確かあるいは相反する科学的根拠がある」となっています。

「ナチュラルスタンダードによる有効性評価 ハーブ&サプリメント」(キャサリン・E.ウルブリヒト&イーサン・M.バッシュ編集 産調出版 定価24,000円)

→「 医学的なエビデンス(EBM*)に基づいたサプリ&ハーブ情報」の詳細ページを開く

リンク

全記事表示リンク

RSS

コエンザイムQ10(CQ10)がアルハイマー型認知症に有効?

老化はアルツハイマー病の一部か、アルツハイマー病が老化の一部か?

医療最先端のホット情報を紹介します。2010年のPsychiartry Todeay no.24 に掲載された記事です。

アメリカのカンサス大学(Scool of Medicine,University of Kansas) のDr.Russell H. Swerdlowらはミトコンドリアカスケード仮説を発表しました。
これによりますと、加齢によりミトコンドリア機能の低下がおこるとそれがある閾値に達するとアルツハイマー型認知症に見られる認知機能の低下がおこるのではないかというものです。

本仮説が正しければ、アミロイドβの抑制よりもミトコンドリア機能を通じた脳の老化の抑制や回復こそが、加齢による晩発性のアルツハイマー型認知症の予防や治療には有効となる可能性があります。


コエンザイムQ10(CQ10)は細胞内のミトコンドリアにおいてエレルギー源(ATPなど)の産生に関与する重要な補酵素ですが、このコエンザイムQ10がアルハイマー型認知症に効くかもしれないことを裏付ける報告は今までにいくつかあります。ご参考までにその論文の要約を示します。

Combination therapy with Coenzyme Q10 and creatine produces additive neuroprotective effects in models of Parkinson's and Huntington's Diseaes
Yang,L.(Weill Medical College of Cornell Univ.//)
J.Neurochem. 109巻 P.1427~1439 (2009)

CoQ10及びクレアチンは、抗酸化剤としてミトコンドリア機能、細胞の生物エネルギー及びそれらの性質の改善に与える影響を通じて神経変性疾患に対して神経保護物質としての報告がある。CoQ10とクレアチンの併用投与が、パーキンソン病MPTPマウスモデル、ハンチントン病の3-NPラットモデルにおいて神経保護作用を与えるどうかについて検討した。2つの薬剤の併用は、綿条体におけるドーパミン減耗、黒質網様部(SNpc)におけるチロシン水酸化酵素ニューロンの損失に対する神経保護効果を与えた。併用療法は、脂質過酸化反応及びMPTP処理マウスのSNpcニューロンにおいてα-synuclein蓄積を有意に減少させた。同様に、3-NPの慢性的な皮下注射により生じた綿状体障害量にを減少した。併用療法は、3-NP誘発性のグルタチオンホメオスタシスの悪化を抑制し、脂質過酸化反応及びDNA酸化障害を減少させた。CoQ10とクレアチンの併用療法は、トランスジェニックR6/2 HDマウスにおける運動パフォーマンス及び生存期間の延長における神経保護効果を与えた。CoQ10とクレアチンの併用療法は、パーキンソン病やハンチントン病のような神経変性疾患の治療に有用かもしれない。



CoenzymeQ10,iron,and vitaminB6 in genetically-confirmed Alzheimer's disease
Imagawa,Masaki(兵庫医科大学医学部/精神神経科/兵庫)
Lancet 340巻 P.671 (1992)

アルツハイマー病患者2例に,NEQ60mg,FEA150mg,ビタミンB6180mg/日を経口投与し,病態が改善したという症例報告。
アルツハイマー病患者ではミトコンドリアの機能低下が考えられ、CoQ10の投与(鉄とビタミンB6とともに)で病気の進行が1年半から2年防げたとの報告。




アルツハイマー病および老年期痴呆のビタミン療法
───ビタミン療法の与える老年期痴呆の脳内機構───
今川 正樹(兵庫県立尼崎病院/神経/兵庫)
医学のあゆみ 151巻 6号 P.345 (1989)

アルツハイマー病ならびに老人痴呆患者を対象として、CoQ10 120mgをビタミンB6と併用し臨床症状に対する変化をみた。宮崎式スケール(ADL)、および長谷川式スケールでは、17.1±9.4から23.6±11.0までに改善した。異常行動は前値10.0から4.3まで改善し、時間、方向感覚の回復、対話性言語の増加、笑いを含む情動の安定化、日常生活の自律性の出現がみられた。



関連記事1:CoQ10(ユビキノン)について本当のことを知っていますか?
関連記事2:CQ10の主なおすすめ商品
関連記事3:アルツハイマー型認知症への接し方は?
関連記事4:アルツハイマー型認知症と正しく向き合うには?
関連記事5:アルツハイマー型認知症にいいサプリメントは?


→「薬のとくさんのサプリ&ハーブで不老長寿」のトップページ
→「予防としてのメディカルハーブ&サプリの世界」のトップページ
→「レディーのためのダイエットサプリ&ハーブのVIPルーム」のトップページ
→「男のためのスペシャルサプリ&ハーブ」のトップページ
→「EBMで裏付けされた健食、サプリ&ハーブ情報」(情報共有ブログ)のトップページ
→「サプリとハーブで老化を予防」(情報共有ブログ)のトップページ
食べて不老長寿-究極のthe elixir of lifeを求めて


→→トップページ

トラックバック
by EBMで裏付けされた健康食品、サプリ&ハーブ情報 on 2010/09/18 at 09:47:25

医学的なエビデンス(EBM*)に基づいたサプリ&ハーブ(2) ・うっ血性心不全、高血圧 ランクB:コエンザイムQ10 (1)ビタミンEに匹敵する抗酸化作用を有し、ビタミンEよりも効果が速くて持続します。 コエンザイムQ10は、1957年に始めて抽出され、1970年に...

トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す