プロフィール

くすりのとくさん

Author:くすりのとくさん
<プロフィール> 
トクダ健康メディカル 代表
徳田 正武(TOKUDA MASATAKE)
健康メディカルコンサルタント
&アドバイザー 

国内大手製薬会社で40年のキャリアがあります。 薬剤師、薬理学修士、慶應義塾大MBA(嶋口ゼミ)取得者で血栓止血領域(ワルファリン等)・血管・CT・MRI造影剤領域プロダクトマネージャー、安全管理部(GVP)、渉外部、医療機器分野の新規事業部長の経験があります。

趣味:パラグライダー、フライフィッシング、ゴルフ、テニスなど

ブログ管理
新しくブログを書く
過去の記事の管理

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

姉妹サイト紹介


ブログ名
EBMで裏付けされた健康メディカル情報
新しい話題、ホットな情報はこちらのサイトでもアップしています!! 是非どうぞ!
ブログ紹介
世界で最も権威のあるハーブ&サプリメントの聖書として有名な「ナチュラルスタンダードによる有効性評価 ハーブ&サプリメント」をベースにEvidence Based Medicine(EBM)=医学的なエビデンスに基づいた有効性、安全性と相互作用情報を不老長寿を目指す中高年者及びシニアを対象に広く情報提供します。 とくに、アルツハイマー型認知症、高血圧、糖尿病、高脂血症、痛風、がん(癌)、心房細動、前立腺肥大、逆流性食道炎、骨粗鬆症、肝疾患、更年期障害、リウマチなどの疾病や生活習慣病を日常の食品やサプリ&ハーブで予防するという健康VIPルームです。

ご案内(掲示板):最も権威あるサプリ情報


ナチュラルメディスン(メディカルハーブ&サプリ)の世界には医学的にエビデンス(根拠)のない情報があふれかえっているのも事実です。高血圧症にいいとか、ガンにいいとか、コレステロールを下げるとかなど何を根拠に言っているのか疑問に思われる情報が飛び交っています。どれが本当でどれがウソなのかわからなくなっています。

このブログでは世界で最も権威のあるハーブ&サプリメントの聖書として有名な 「ナチュラルスタンダードによる有効性評価 ハーブ&サプリメント」でAランク、Bランクを中心に(一部Cランクまで)を紹介しています。
ランク付けは「 A:強力な科学的根拠がある   B:十分な科学的根拠がある  C:不確かあるいは相反する科学的根拠がある」となっています。

「ナチュラルスタンダードによる有効性評価 ハーブ&サプリメント」(キャサリン・E.ウルブリヒト&イーサン・M.バッシュ編集 産調出版 定価24,000円)

→「 医学的なエビデンス(EBM*)に基づいたサプリ&ハーブ情報」の詳細ページを開く

リンク

全記事表示リンク

RSS

抗酸化作用(老化の予防) を有するアミノ酸

必須アミノ酸:
イソロイシン、ロイシン、リジン、含琉アミノ酸(メチオニン+シスチン)、芳香族アミノ酸(フェニルアラニン+チロシン)スレオニン、トリプトファン、バリン、ヒスチジン

非必須アミノ酸:
グリシン、アラニン、セリン、シスチン、チロシン、アスパラギン酸、グルタミン酸、ブロリン、アルギニン

1.グリシン(非必須アミノ酸)
(1)コラーゲンの主成分で美肌を保ちます。
(2)抗酸化作用、血中コレステロール低下作用があります。
(3)抗菌作用があります。
(4)えびやかにの風味づけに利用されています。

グリシンを多く含む食品
ゼラチン、伊勢エビ、湯葉、かつお節

2.グルタチオン(3つのアミノ酸が結合したトリペプチド)
(1)強力な解毒作用があります。
(2)活性酸素の働きを妨げ過酸化脂質の発生を防止します。
(3)肝臓機能を強化します。
(4)抗ガン剤の副作用を防止します。

グルタチオンを多く含む食品

ほうれんそう、ブロッコリー

3.カルニチン(非必須アミノ酸)
(1)脂肪の代謝を刺激し、中性脂肪や脂肪酸を燃焼します。
ダイエットサプリメントによく使用されています。

カルニチンを多く含む食品
    赤身の肉、魚肉(ぶり,かつお)

4.ヴァーム(17種のアミノ酸)
 スズメバチは、1日100km以上も飛び回っています。この驚くべきスタミナはスズメバチの幼虫が出すヴァームによるものです。この「栄養液」を餌にして、スズメバチは驚異的なスタミナを手に入れています。

スズメバチの幼虫は口に何かが触れるたびに、 透明な分泌液ヴァームを出します。 その分泌液には、17種類のアミノ酸が特別 なバランスで配合されています。この17種類の複合アミノ酸はひとにもたいへん有効で、 体脂肪の代謝を助け、エネルギーを有効に活用することがわかっています。
 (1)スタミナ効果があります。
糖分の燃焼を抑制し、乳酸の生産を抑制するので筋肉疲労を抑えます。
(2)ダイエット効果があります。
体脂肪の代謝を助け、エネルギーを有効に活用するなど脂肪の燃焼を促進するのでダイエット効果があります。
(3)肝臓機能を高めます。

ヴァームを多く含む食品
    スズメバチ

5.スレオニン(脂肪肝予防必須アミノ酸)
(1)脂肪肝を防ぐ作用があります。
(2)成長促進作用があります。
スレオニンを多く含む食品

大豆、湯葉、しらす干し、ゼラチン

6.タウリン(含硫アミノ酸)
(1)血圧低下があります。

交感神経抑制作用による血圧低下があります。
(2)肝機能強化作用があります
脂肪酸のオレイン酸は肝臓にLDLが取り込まれるのを促進し血中のコレステロールを減らすのに対し、タウリンは肝機能を強化してコレステロールの処理能力を増加させます。
(3)肝臓での胆汁酸の分泌を促進します。
肝臓での胆汁酸の分泌を促進するので肝細胞の再生を促し、細胞膜を安定化させます。
(4)コレステロールが原因の胆石症を防止します。

タウリンを多く含む食品
たこ、するめいか、さざえ、ほたて貝、はまぐり、鯖、鰯の血合い

7.ラミニン(糖タンパク質)
(1)上皮細胞を結合組織に接着させる働きがあります。
(2)動脈壁を強化します。
(3)血圧低下作用があります。
ラミニンを多く含む食品
こんぶ、わかめ

8.レシチン(リン脂質の一種:フォスファチジルコリン)
(1)脂肪の代謝に関与し、血液中の余分なコレステロールを減らします。
レシチンには血管にこびりついたコレステロールを溶かす作用があります。大豆のほか、卵黄にも含まれている成分で脂肪の代謝に深く関わっています。

その特長は、油の分子をこまかくして水と混ざりやすくする乳化作用です。血液中の余分なコレステロールや中性脂肪を減らすように働き、また、身体が脂肪を必要としているときは吸収を助ける調整役をしています。
このため、血液中の中性脂肪や総コレステロールを低下させます。また、コレステロールの調整ができることによって、動脈硬化を予防する働きも期待されています。

(2)肝臓に運んで排出を促進します。
レシチンは、肝機能の改善にも一役買っています。レシチンは細胞膜を作り出す要素として身体中の細胞を支える役目をしていますが、肝臓の細胞膜もレシチンによって保護されています。

また、細胞膜の傷みの回復を助け、働きをよくしたり、細胞内の酵素の活性を維持するようにも働いてくれます。お酒を飲む人にうれしい働きをします。

(3)脳細胞や神経細胞を活性化し、記憶力や集中力を高めます
レシチンは自律神経(副交感神経)の働きに欠かせない神経伝達物質のアセチルコリンの成分です。脳における記憶力などにも大きな影響を与えています。

レシチンを多く含む食品
大豆、卵黄、精白米、ピーナッツ、酵母

このエントリーのタグ: メディカルハーブ&サプリメント
トラックバック
by EBMで裏付けされた健康食品、サプリ&ハーブ情報 on 2010/09/20 at 09:48:53

[ビタミン] →→ビタミンの詳細ページを開く 1.ビタミンA(カロチノイド) 1)β-カロチン:吸収されるとビタミンAになるプロビタミン(カロチノイド) 2)リコピン(カロチノイド) 3)カプサンチン(カロチノイド) 2.ビタミンB2 3.ビタミンB6 ...

トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す