プロフィール

くすりのとくさん

Author:くすりのとくさん
<プロフィール> 
トクダ健康メディカル 代表
徳田 正武(TOKUDA MASATAKE)
健康メディカルコンサルタント
&アドバイザー 

国内大手製薬会社で40年のキャリアがあります。 薬剤師、薬理学修士、慶應義塾大MBA(嶋口ゼミ)取得者で血栓止血領域(ワルファリン等)・血管・CT・MRI造影剤領域プロダクトマネージャー、安全管理部(GVP)、渉外部、医療機器分野の新規事業部長の経験があります。

趣味:パラグライダー、フライフィッシング、ゴルフ、テニスなど

ブログ管理
新しくブログを書く
過去の記事の管理

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

姉妹サイト紹介


ブログ名
EBMで裏付けされた健康メディカル情報
新しい話題、ホットな情報はこちらのサイトでもアップしています!! 是非どうぞ!
ブログ紹介
世界で最も権威のあるハーブ&サプリメントの聖書として有名な「ナチュラルスタンダードによる有効性評価 ハーブ&サプリメント」をベースにEvidence Based Medicine(EBM)=医学的なエビデンスに基づいた有効性、安全性と相互作用情報を不老長寿を目指す中高年者及びシニアを対象に広く情報提供します。 とくに、アルツハイマー型認知症、高血圧、糖尿病、高脂血症、痛風、がん(癌)、心房細動、前立腺肥大、逆流性食道炎、骨粗鬆症、肝疾患、更年期障害、リウマチなどの疾病や生活習慣病を日常の食品やサプリ&ハーブで予防するという健康VIPルームです。

ご案内(掲示板):最も権威あるサプリ情報


ナチュラルメディスン(メディカルハーブ&サプリ)の世界には医学的にエビデンス(根拠)のない情報があふれかえっているのも事実です。高血圧症にいいとか、ガンにいいとか、コレステロールを下げるとかなど何を根拠に言っているのか疑問に思われる情報が飛び交っています。どれが本当でどれがウソなのかわからなくなっています。

このブログでは世界で最も権威のあるハーブ&サプリメントの聖書として有名な 「ナチュラルスタンダードによる有効性評価 ハーブ&サプリメント」でAランク、Bランクを中心に(一部Cランクまで)を紹介しています。
ランク付けは「 A:強力な科学的根拠がある   B:十分な科学的根拠がある  C:不確かあるいは相反する科学的根拠がある」となっています。

「ナチュラルスタンダードによる有効性評価 ハーブ&サプリメント」(キャサリン・E.ウルブリヒト&イーサン・M.バッシュ編集 産調出版 定価24,000円)

→「 医学的なエビデンス(EBM*)に基づいたサプリ&ハーブ情報」の詳細ページを開く

リンク

全記事表示リンク

RSS

プロダクトマネジャ-(PM)の基本的任務について

プロダクトマネジャ-(PM)の基本的任務について医薬品業界において実績のある経験豊富なその道のプロとして解説させていただきます。
PMは創業期の会社の場合であれば社長本人がその任務を担う場合があります。

プロダクトマネジャーの使命は、担当商品をその領域や市場におけるトップ商品に育てあげ、販売額、収益性、成長性の極大化およびライフサイクルの延長をはかることにあります。

そのため、プロダクトマネジャーの最大の任務は、担当領域の長期的展望を踏まえて、中期・短期における商品政策(マーケティング、マーチャンダイジングの戦略、戦術)を企案し、それにもとづく計画と育成プログラムを立案し、事業部内をはじめ研究開発、生産など関係部門と調整して実施計画をたて、第一線と一体となって積極的に推進することです。

無名の新製品を一躍有名商品にまで育てあげるためには、担当商品の該当領域や市場におけるポジショニングの明確化、有効性と安全性を裏づけるための研究活動、タイミングのよい学術情報の伝達、競合品に対する優位性の確立、担当商品とその領域の指導的立場にあるOLの育成、薬事法および独占禁止法(私的独占の禁止および公正取引の確保に関する法律)、不当景品類および不当表示防止法などの各種法への対応など、第一線の販売・消化活動を強力に支援する切れ味のよい効率的なプロモーション展開が不可欠です。

とくに発売直前のマーケティング活動については、販売政策の立案・推進に万全を期すことはもちろんのこと、開発関係者および各事業関係部署との緊密な連携活動により、短期集中的にマーケティング・ミックスを構築することが要請されます。
さらにそれに適応する長期・中期・短期の商品政策を立案、上市後速やかに後続する新製品アイデアについても積極的に提案し、常に担当商品の市場シェアアップ、ライフサイクルの延長ならびに極大化のために推進することが肝要になってきます。

担当商品とその関連領域の継続的育成を意図して、関連新製品についての開発段階からの参画、あるいは、姉妹品・改善晶の開発、効能追加テーマの探究とその承認取得に向けての研究の推進など、研究開発本部および各事業部の開発関係者と緊密に連携、協力していきます。

国際的視野にたった商品政策の場合は、国際部門や渉外部門と協力して国際的OLからデータ収集し、国際的集会の企画を行うこともプロダクトマネジャーの任務となります。

以上がPMの基本的任務ですが、PM制度導入の具体的内容についてはコンサルタント(企業顧問)としてお手伝いをさせていただきます。自由にお問い合わせください。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す