プロフィール

くすりのとくさん

Author:くすりのとくさん
<プロフィール> 
トクダ健康メディカル 代表
徳田 正武(TOKUDA MASATAKE)
健康メディカルコンサルタント
&アドバイザー 

国内大手製薬会社で40年のキャリアがあります。 薬剤師、薬理学修士、慶應義塾大MBA(嶋口ゼミ)取得者で血栓止血領域(ワルファリン等)・血管・CT・MRI造影剤領域プロダクトマネージャー、安全管理部(GVP)、渉外部、医療機器分野の新規事業部長の経験があります。

趣味:パラグライダー、フライフィッシング、ゴルフ、テニスなど

ブログ管理
新しくブログを書く
過去の記事の管理

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

姉妹サイト紹介


ブログ名
EBMで裏付けされた健康メディカル情報
新しい話題、ホットな情報はこちらのサイトでもアップしています!! 是非どうぞ!
ブログ紹介
世界で最も権威のあるハーブ&サプリメントの聖書として有名な「ナチュラルスタンダードによる有効性評価 ハーブ&サプリメント」をベースにEvidence Based Medicine(EBM)=医学的なエビデンスに基づいた有効性、安全性と相互作用情報を不老長寿を目指す中高年者及びシニアを対象に広く情報提供します。 とくに、アルツハイマー型認知症、高血圧、糖尿病、高脂血症、痛風、がん(癌)、心房細動、前立腺肥大、逆流性食道炎、骨粗鬆症、肝疾患、更年期障害、リウマチなどの疾病や生活習慣病を日常の食品やサプリ&ハーブで予防するという健康VIPルームです。

ご案内(掲示板):最も権威あるサプリ情報


ナチュラルメディスン(メディカルハーブ&サプリ)の世界には医学的にエビデンス(根拠)のない情報があふれかえっているのも事実です。高血圧症にいいとか、ガンにいいとか、コレステロールを下げるとかなど何を根拠に言っているのか疑問に思われる情報が飛び交っています。どれが本当でどれがウソなのかわからなくなっています。

このブログでは世界で最も権威のあるハーブ&サプリメントの聖書として有名な 「ナチュラルスタンダードによる有効性評価 ハーブ&サプリメント」でAランク、Bランクを中心に(一部Cランクまで)を紹介しています。
ランク付けは「 A:強力な科学的根拠がある   B:十分な科学的根拠がある  C:不確かあるいは相反する科学的根拠がある」となっています。

「ナチュラルスタンダードによる有効性評価 ハーブ&サプリメント」(キャサリン・E.ウルブリヒト&イーサン・M.バッシュ編集 産調出版 定価24,000円)

→「 医学的なエビデンス(EBM*)に基づいたサプリ&ハーブ情報」の詳細ページを開く

リンク

全記事表示リンク

RSS

食道裂孔ヘルニアと逆流性食道炎 薬で進行を予防できるの?

消化器疾患、中でも食道の病気のひとつに「食道裂孔ヘルニア」という病気があります。

この病気は、先天性のものと、後天性のものに分けられますが最近では主に後天性のものが多くなっています。後天性のものは、老化により、体の組織が緩むとともに食道裂孔も緩むことが原因とされています。背中の曲った人が食道裂孔ヘルニアを合併していることがよくありますが、喘息や慢性気管支炎などの呼吸器の疾患のある人なども腹圧が上昇するので食道裂孔ヘルニアになりやすくなります。また、肥満の人も腹圧上昇による食道裂孔ヘルニアが現れやすいといわれています。

ヒトには胸部と腹部の間に横隔膜があって、胸腔と腹腔を分けています。その横隔膜には「食道裂孔」という穴がありますが、その下には胃があります。道裂孔ヘルニアとはその胃が、食道裂孔から飛び出してくる状態を言います。食道裂孔ヘルニアは要するに胃の一部が横隔膜の上部にはみ出ている状態です。

この病気になってしまうと、胃の入り口が膨張し、胃酸の逆流を防ぐことができなくなります。そして、胃酸の逆流による食道の粘膜炎症から、逆流性食道炎を併発してしまいます。症状としては、胸焼けやげっぷ、胸痛などの自覚症状が出てきます。これらのの症状はそのままではなかなかよくなりません。悪化していくばかりなので、医師の診察を受け、食道裂孔ヘルニア、逆流性食道炎の両方を治療、予防していくことが必要になります。このような症状が出ているようであれば、一度消化器科の専門医を受診して、上部消化管造影と内視鏡の検査を受けることをおすすめします。

 食道裂孔ヘルニアが軽ければ、とくに治療の必要はありませんが、逆流性食道炎があればH2受容体拮抗薬(H2ブロッカーともいいます)やプロトンポンプ阻害薬(略してPPIとも言います)を服用します。胃酸の分泌を抑え、胃酸の逆流による喉への負担を軽減してくれます。食道裂孔ヘルニアも、程度と逆流性食道炎の合併により手術の対象となりますので注意が必要です。 早めに治療したほうがいいでしょう。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す