プロフィール

くすりのとくさん

Author:くすりのとくさん
<プロフィール> 
トクダ健康メディカル 代表
徳田 正武(TOKUDA MASATAKE)
健康メディカルコンサルタント
&アドバイザー 

国内大手製薬会社で40年のキャリアがあります。 薬剤師、薬理学修士、慶應義塾大MBA(嶋口ゼミ)取得者で血栓止血領域(ワルファリン等)・血管・CT・MRI造影剤領域プロダクトマネージャー、安全管理部(GVP)、渉外部、医療機器分野の新規事業部長の経験があります。

趣味:パラグライダー、フライフィッシング、ゴルフ、テニスなど

ブログ管理
新しくブログを書く
過去の記事の管理

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

姉妹サイト紹介


ブログ名
EBMで裏付けされた健康メディカル情報
新しい話題、ホットな情報はこちらのサイトでもアップしています!! 是非どうぞ!
ブログ紹介
世界で最も権威のあるハーブ&サプリメントの聖書として有名な「ナチュラルスタンダードによる有効性評価 ハーブ&サプリメント」をベースにEvidence Based Medicine(EBM)=医学的なエビデンスに基づいた有効性、安全性と相互作用情報を不老長寿を目指す中高年者及びシニアを対象に広く情報提供します。 とくに、アルツハイマー型認知症、高血圧、糖尿病、高脂血症、痛風、がん(癌)、心房細動、前立腺肥大、逆流性食道炎、骨粗鬆症、肝疾患、更年期障害、リウマチなどの疾病や生活習慣病を日常の食品やサプリ&ハーブで予防するという健康VIPルームです。

ご案内(掲示板):最も権威あるサプリ情報


ナチュラルメディスン(メディカルハーブ&サプリ)の世界には医学的にエビデンス(根拠)のない情報があふれかえっているのも事実です。高血圧症にいいとか、ガンにいいとか、コレステロールを下げるとかなど何を根拠に言っているのか疑問に思われる情報が飛び交っています。どれが本当でどれがウソなのかわからなくなっています。

このブログでは世界で最も権威のあるハーブ&サプリメントの聖書として有名な 「ナチュラルスタンダードによる有効性評価 ハーブ&サプリメント」でAランク、Bランクを中心に(一部Cランクまで)を紹介しています。
ランク付けは「 A:強力な科学的根拠がある   B:十分な科学的根拠がある  C:不確かあるいは相反する科学的根拠がある」となっています。

「ナチュラルスタンダードによる有効性評価 ハーブ&サプリメント」(キャサリン・E.ウルブリヒト&イーサン・M.バッシュ編集 産調出版 定価24,000円)

→「 医学的なエビデンス(EBM*)に基づいたサプリ&ハーブ情報」の詳細ページを開く

リンク

全記事表示リンク

RSS

アガリクスの安全性と効果について

アガリクスは、地面から生え、柄が長くて太く、香りが強いキノコの一種です。現在では「アガリクス」という名称が一般的ですが、日本ではヒメマツタケ(別名:カワリハラタケ)として知られています。

1965年にブラジルより移入されて以来、人工栽培されるようになりましたが、菌株、栽培条件や産地により、その特性や含有成分が異なります。
一般に「抗がん効果がある」、「免疫力を高める」などといわれ、アガリクスと名のつく健康食品も数多くみられますが、ヒトでの有効性と安全性についてはエイデンスは明確ではありません。信頼のおけるデータが少ないということです。

主な成分・性質
・他のキノコに比べて粗タンパク質が43%と多く、多糖類、ビタミンB1、B2、ナイアシン、B6、ビオチン、パントテン酸、葉酸、アミノ酸、ビタミンD、マグネシウム、カリウムなどを含みますが、成分含量は、菌株、栽培条件や産地によって異なります。
・ヒメマツタケ抽出物や市販アガリクス製品に含まれるβ-グルカン量は製品により差があります。
・ヒメマツタケ中のアガリチン含量は、乾燥重量で500-5,000 mg/kgと言われています。

免疫・がん・炎症
健常成人8名(平均22.3歳)を対象とした二重盲検クロスオーバー試験において、アガリクス(A.brasiliensis KA21)を3g/日、7日間摂取させたところ、摂取前と比較してK562細胞に対するNK活性が増加したという予備的な報告がありますが、対象が少人数で検定は摂取前後で実施しておりこの現象については、更なる検証が必要です。

糖尿病
II型糖尿病に1年以上罹患しており、グリクラジドおよびメトホルミンを6ヶ月以上摂取している中国人60名(摂取群29名、対照群31名)を対象とした無作為化二重盲検試験において、1日1,500mgのアガリクス抽出物(含有成分は不明)を12週間摂取させたところ、摂取前と比較して空腹時の血清中HbA1c、インスリン濃度、インスリン抵抗性が低値を示し、血漿アディポネクチン濃度が上昇したという予備的な知見があります。

動物実験
・アガリクスの熱水抽出物をマウスに経口投与した場合、脾臓細胞中のThy1.2 (pan T cells)、L3T4 (CD4, helper T cells)およびLyt2 (CD8, cytotoxic T cells)陽性の細胞集団の割合が有意に増加したとの報告があります。
・マウスにおいて、double-grafted tumor systemを用い、アガリクス子実体の酸処理画分(ATF)で原発性腫瘍(primary tumor)を処理したところ、抗腫瘍活性の著しく上昇したNK細胞が、腫瘍部位へ浸潤した。また、ATFは、試験管内においてアポトーシス誘導によって腫瘍細胞の増殖を直接抑制したとの報告があります。
・一部のアガリクス製品には、カドミウムの含有量が高いものが見られましたが、自主的な基準等を持って対応がはかられています。
・腫瘍モデルマウス(n=10)にアガリクス(A. blasiliensis KA21)の冷水抽出物(2mg)を35日間経口投与したところ、腫瘍増殖の抑制、TNF-αの増加抑制、GOT上昇の抑制がみられたという予備的な報告があります。

相互作用
・in vitro試験において、ヒメマツタケによるCYP3A4阻害作用が報告されています。



→「薬のとくさんのサプリ&ハーブで不老長寿」のトップページ
→「予防としてのメディカルハーブ&サプリの世界」のトップページ
→「レディーのためのダイエットサプリ&ハーブのVIPルーム」のトップページ
→「男のためのスペシャルサプリ&ハーブ」のトップページ
→「EBMで裏付けされた健食、サプリ&ハーブ情報」(情報共有ブログ)のトップページ
→「サプリとハーブで老化を予防」(情報共有ブログ)のトップページ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す