プロフィール

くすりのとくさん

Author:くすりのとくさん
<プロフィール> 
トクダ健康メディカル 代表
徳田 正武(TOKUDA MASATAKE)
健康メディカルコンサルタント
&アドバイザー 

国内大手製薬会社で40年のキャリアがあります。 薬剤師、薬理学修士、慶應義塾大MBA(嶋口ゼミ)取得者で血栓止血領域(ワルファリン等)・血管・CT・MRI造影剤領域プロダクトマネージャー、安全管理部(GVP)、渉外部、医療機器分野の新規事業部長の経験があります。

趣味:パラグライダー、フライフィッシング、ゴルフ、テニスなど

ブログ管理
新しくブログを書く
過去の記事の管理

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

姉妹サイト紹介


ブログ名
EBMで裏付けされた健康メディカル情報
新しい話題、ホットな情報はこちらのサイトでもアップしています!! 是非どうぞ!
ブログ紹介
世界で最も権威のあるハーブ&サプリメントの聖書として有名な「ナチュラルスタンダードによる有効性評価 ハーブ&サプリメント」をベースにEvidence Based Medicine(EBM)=医学的なエビデンスに基づいた有効性、安全性と相互作用情報を不老長寿を目指す中高年者及びシニアを対象に広く情報提供します。 とくに、アルツハイマー型認知症、高血圧、糖尿病、高脂血症、痛風、がん(癌)、心房細動、前立腺肥大、逆流性食道炎、骨粗鬆症、肝疾患、更年期障害、リウマチなどの疾病や生活習慣病を日常の食品やサプリ&ハーブで予防するという健康VIPルームです。

ご案内(掲示板):最も権威あるサプリ情報


ナチュラルメディスン(メディカルハーブ&サプリ)の世界には医学的にエビデンス(根拠)のない情報があふれかえっているのも事実です。高血圧症にいいとか、ガンにいいとか、コレステロールを下げるとかなど何を根拠に言っているのか疑問に思われる情報が飛び交っています。どれが本当でどれがウソなのかわからなくなっています。

このブログでは世界で最も権威のあるハーブ&サプリメントの聖書として有名な 「ナチュラルスタンダードによる有効性評価 ハーブ&サプリメント」でAランク、Bランクを中心に(一部Cランクまで)を紹介しています。
ランク付けは「 A:強力な科学的根拠がある   B:十分な科学的根拠がある  C:不確かあるいは相反する科学的根拠がある」となっています。

「ナチュラルスタンダードによる有効性評価 ハーブ&サプリメント」(キャサリン・E.ウルブリヒト&イーサン・M.バッシュ編集 産調出版 定価24,000円)

→「 医学的なエビデンス(EBM*)に基づいたサプリ&ハーブ情報」の詳細ページを開く

リンク

全記事表示リンク

RSS

サラシアと血糖降下作用

サラシア、サラシア・レティキュラータ、コタラヒム、コタラヒムブツ [英]Chundan、Kathala Hibutu Tea、Ponkoranti、SO. [学名]Salacia oblonga、Salacia reticulata

サラシアは、インドやスリランカでアーユルヴェーダ天然薬物として伝統的に使用されていた植物です。
サラシアでマグカップを作成し、中に水を入れて成分を溶出して、その水を摂取するなどの方法で利用されていたようです。
しかし、一般に使用されるのは野生種のことが多いため、採取した時期や産地により含有する成分や品質が異なる可能性が大きいと考えられます。
一般に「血糖値を改善する」、「体脂肪を低下させる」といわれていますが、充分なデータは見当たりません。
妊婦や授乳婦の使用については、安全性に関する情報が不十分であるため、使用を避けたほうがよいとされています。

サラシア茶をII型糖尿病患者へ投与したところ、HbA1c値が低下したという予備的な報告があります。
空腹時血糖が110mg/dL以上の境界型および軽症II型糖尿病患者20名(58.0±15.5歳、試験群10名)を対象とした二重盲検プラセボ比較試験において、スリランカ産サラシア根及び幹の水抽出物製剤を2錠×3回/日(サラシア40mg/錠含有)、6週間摂取させたところ、摂取前と比較して、空腹時血糖、HbA1c、BMIが低下したという予備的な報告りますが、この事象については更なる検証が必要です。

健常男性7名(22-35歳)を対象とした前後比較試験において、10-12時間絶食後、スリランカ産乾燥サラシア幹部の水抽出物100mgまたは200mg摂取させ、5分後に糖負荷試験を行ったところ、サラシア水抽出物を200mg摂取させた場合に30分後の血糖値上昇を抑制したという予備的な報告があります。

II型糖尿病患者66名(平均61.3歳)を対象とした二重盲検クロスオーバー無作為化比較試験において、試験食(炭水化物110g、脂質12g、タンパク質18g)とサラシア抽出液240mg又は480mgを摂取させ、0-180分後の静脈血を採取したところ、血清中のグルコースとインスリンのピーク値とAUCが低下したという報告があります。

健常者39名(男性15名、女性24名、25.7±0.9歳)を対象とした二重盲検クロスオーバー無作為化比較試験において、炭水化物150gを含む高炭水化物食を3日間摂取後、試験食(炭水化物75.4g、脂質14g、タンパク質20g)とサラシア抽出物を0、500、700、1,000mg摂取させ、0-180分後に採血したところ、サラシア抽出物を1,000mg摂取させたときにのみ90分後の血漿グルコース値と120分後の血清インスリン値及び0-120分間血清インスリン曲線下面積(AUC)が低下したという報告があります。

・健常者43名(男性20名、女性23名、23.5±0.6歳)を対象とした二重盲検クロスオーバー無作為化比較試験において、炭水化物150gを含む高炭水化物食を少なくとも3日間摂取後、試験食(炭水化物82g、脂質14g、タンパク質20g)とサラシア抽出液1,000mgを摂取させ、0-180分後に採血したところ、45-120分後の血漿グルコース値と60-150分後の血清インスリン値が低下したという報告があります。


副作用・有害事象(安全性情報)
経口で使用する場合は恐らく安全と思われます。単回摂取で1,000mgまで安全に使用できたという報告があります。

サラシアによる有害事象としては、鼓腸や膨満、おくび、腹痛、吐き気、下痢などが起こる可能性があり、これらは用量依存性です。
サラシア抽出液1,000mgを単回摂取させたところ、呼気中の水素量が増加し、軽度の鼓腸が見られたという報告があります。
サラシア茶による有害事象としては、消化不良や軟便が起こる可能性があります。

安全性のまとめ
経口で摂取する場合には恐らく安全と思われます、用量依存的に出現する有害事象として鼓腸や膨満、おくび、腹痛、吐き気、下痢などがあります。
妊婦や授乳婦は、安全性に関する情報が不十分なため、使用を避けたほうがよいとされています。



→「薬のとくさんのサプリ&ハーブで不老長寿」のトップページ
→「予防としてのメディカルハーブ&サプリの世界」のトップページ
→「レディーのためのダイエットサプリ&ハーブのVIPルーム」のトップページ
→「男のためのスペシャルサプリ&ハーブ」のトップページ
→「EBMで裏付けされた健食、サプリ&ハーブ情報」(情報共有ブログ)のトップページ
→「サプリとハーブで老化を予防」(情報共有ブログ)のトップページ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す