プロフィール

くすりのとくさん

Author:くすりのとくさん
<プロフィール> 
トクダ健康メディカル 代表
徳田 正武(TOKUDA MASATAKE)
健康メディカルコンサルタント
&アドバイザー 

国内大手製薬会社で40年のキャリアがあります。 薬剤師、薬理学修士、慶應義塾大MBA(嶋口ゼミ)取得者で血栓止血領域(ワルファリン等)・血管・CT・MRI造影剤領域プロダクトマネージャー、安全管理部(GVP)、渉外部、医療機器分野の新規事業部長の経験があります。

趣味:パラグライダー、フライフィッシング、ゴルフ、テニスなど

ブログ管理
新しくブログを書く
過去の記事の管理

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

姉妹サイト紹介


ブログ名
EBMで裏付けされた健康メディカル情報
新しい話題、ホットな情報はこちらのサイトでもアップしています!! 是非どうぞ!
ブログ紹介
世界で最も権威のあるハーブ&サプリメントの聖書として有名な「ナチュラルスタンダードによる有効性評価 ハーブ&サプリメント」をベースにEvidence Based Medicine(EBM)=医学的なエビデンスに基づいた有効性、安全性と相互作用情報を不老長寿を目指す中高年者及びシニアを対象に広く情報提供します。 とくに、アルツハイマー型認知症、高血圧、糖尿病、高脂血症、痛風、がん(癌)、心房細動、前立腺肥大、逆流性食道炎、骨粗鬆症、肝疾患、更年期障害、リウマチなどの疾病や生活習慣病を日常の食品やサプリ&ハーブで予防するという健康VIPルームです。

ご案内(掲示板):最も権威あるサプリ情報


ナチュラルメディスン(メディカルハーブ&サプリ)の世界には医学的にエビデンス(根拠)のない情報があふれかえっているのも事実です。高血圧症にいいとか、ガンにいいとか、コレステロールを下げるとかなど何を根拠に言っているのか疑問に思われる情報が飛び交っています。どれが本当でどれがウソなのかわからなくなっています。

このブログでは世界で最も権威のあるハーブ&サプリメントの聖書として有名な 「ナチュラルスタンダードによる有効性評価 ハーブ&サプリメント」でAランク、Bランクを中心に(一部Cランクまで)を紹介しています。
ランク付けは「 A:強力な科学的根拠がある   B:十分な科学的根拠がある  C:不確かあるいは相反する科学的根拠がある」となっています。

「ナチュラルスタンダードによる有効性評価 ハーブ&サプリメント」(キャサリン・E.ウルブリヒト&イーサン・M.バッシュ編集 産調出版 定価24,000円)

→「 医学的なエビデンス(EBM*)に基づいたサプリ&ハーブ情報」の詳細ページを開く

リンク

全記事表示リンク

RSS

副作用の本質を正しく理解してますか?

薬の副作用ってわかっているようで実はわかっている人は少ないのですよ。
では、次の表現は正しいでしょうか?答えてみてください。

① 医薬品が正しく使用されていれば副作用は問題になりません。
② 医薬品が正しく使用されていれば副作用が少なくなります。


答えはいずれも間違いです。
副作用は正しく使用されていても起こるから問題なのです。医薬品やサプリやハーブが正しく使用されていれば副作用は問題にならないというのは全くの間違いなのです。
また、医薬品が正しく使用されていれば副作用が少なくなるというのは短絡的な表現であり誤解されやすい表現です。正しくは、「医師が正しく処方し、患者さんが正しく服用していれば、副作用は低く抑えられるかもしれません。」というのが正しいのです。
では、薬が間違って使用されたときにおこるのは副作用というのでしょうか。 ちょっと違いますよね。

ここで、副作用の本質についてまとめてみましょう。
・薬は本質的には生体にとっては異物である。
・薬には必ず有効性と副作用とが共存しそのバランスの上に有用性がある。
有用性、安全性、経済性などリスクベネフィットの概念から理解すべきである。
・薬が正しく使用されても起こりうるのが副作用である。
・薬が間違って使用されたときにおこるのは副作用というよりも薬本来の有害な作用によるものが多く、人為的なもので予防することができる。

また、薬のメーカー側の立場の人が医師や調剤薬局の薬剤師に対して、
「この医薬品の副作用にはこのようなものがありますから注意してください」というだけでは全く意味のある情報伝達になっていないのです。
ただしくは、
「このような患者さんの場合にはこのような副作用が発生する可能性があるかもしれません。」
「このような初期症状が現れたら重篤な副作用に展開する可能性があります。」
「この副作用の場合には、今までの経過から判断するとこのような処置をすればよいかもしれません。」
「投与を直ちに中止して様子を見てください。」
などの付加価値情報を積極的に臨床医や調剤薬局の薬剤師に提供すれば患者さんの治療にもプラスになるわけです。
それを忘れて、「この医薬品の副作用にはこのようなものがありますから注意してください」はないわけです。
そう、おわかりですね。
皆さんもそう思いませんか?


→「薬のとくさんのサプリ&ハーブで不老長寿」のトップページ
→「予防としてのメディカルハーブ&サプリの世界」のトップページ
→「レディーのためのダイエットサプリ&ハーブのVIPルーム」のトップページ
→「男のためのスペシャルサプリ&ハーブ」のトップページ
→「EBMで裏付けされた健食、サプリ&ハーブ情報」(情報共有ブログ)のトップページ
→「サプリとハーブで老化を予防」(情報共有ブログ)のトップページ
食べて不老長寿-究極のthe elixir of lifeを求めて



このエントリーのタグ: 副作用
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す