プロフィール

くすりのとくさん

Author:くすりのとくさん
<プロフィール> 
トクダ健康メディカル 代表
徳田 正武(TOKUDA MASATAKE)
健康メディカルコンサルタント
&アドバイザー 

国内大手製薬会社で40年のキャリアがあります。 薬剤師、薬理学修士、慶應義塾大MBA(嶋口ゼミ)取得者で血栓止血領域(ワルファリン等)・血管・CT・MRI造影剤領域プロダクトマネージャー、安全管理部(GVP)、渉外部、医療機器分野の新規事業部長の経験があります。

趣味:パラグライダー、フライフィッシング、ゴルフ、テニスなど

ブログ管理
新しくブログを書く
過去の記事の管理

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

姉妹サイト紹介


ブログ名
EBMで裏付けされた健康メディカル情報
新しい話題、ホットな情報はこちらのサイトでもアップしています!! 是非どうぞ!
ブログ紹介
世界で最も権威のあるハーブ&サプリメントの聖書として有名な「ナチュラルスタンダードによる有効性評価 ハーブ&サプリメント」をベースにEvidence Based Medicine(EBM)=医学的なエビデンスに基づいた有効性、安全性と相互作用情報を不老長寿を目指す中高年者及びシニアを対象に広く情報提供します。 とくに、アルツハイマー型認知症、高血圧、糖尿病、高脂血症、痛風、がん(癌)、心房細動、前立腺肥大、逆流性食道炎、骨粗鬆症、肝疾患、更年期障害、リウマチなどの疾病や生活習慣病を日常の食品やサプリ&ハーブで予防するという健康VIPルームです。

ご案内(掲示板):最も権威あるサプリ情報


ナチュラルメディスン(メディカルハーブ&サプリ)の世界には医学的にエビデンス(根拠)のない情報があふれかえっているのも事実です。高血圧症にいいとか、ガンにいいとか、コレステロールを下げるとかなど何を根拠に言っているのか疑問に思われる情報が飛び交っています。どれが本当でどれがウソなのかわからなくなっています。

このブログでは世界で最も権威のあるハーブ&サプリメントの聖書として有名な 「ナチュラルスタンダードによる有効性評価 ハーブ&サプリメント」でAランク、Bランクを中心に(一部Cランクまで)を紹介しています。
ランク付けは「 A:強力な科学的根拠がある   B:十分な科学的根拠がある  C:不確かあるいは相反する科学的根拠がある」となっています。

「ナチュラルスタンダードによる有効性評価 ハーブ&サプリメント」(キャサリン・E.ウルブリヒト&イーサン・M.バッシュ編集 産調出版 定価24,000円)

→「 医学的なエビデンス(EBM*)に基づいたサプリ&ハーブ情報」の詳細ページを開く

リンク

全記事表示リンク

RSS

2010年10月のエントリー一覧

  • アルツハイマー型認知症はどうやって予防するの?

    ボケない人生を送るために!増え続ける高齢者の数。日本はすでに高齢化社会に突入しています。アルツハイマー病を未然に防ぐことが大事な時代がきています。アルツハイマー病の急激な増加は日本だけではありません。世界的な大問題です。世界中で認知症患者が激増中!60歳以上の認知症の患者数は全世界で増加傾向です。2,430万人(2006年)→ 8,110万人(2020年)の見込み発展途上国が71.2%を占める。特に中国、インド、南アジアでの...

  • アルツハイマー型認知症と正しく向き合うには?

    ご家族や周辺の方々に以下のような症状は見られませんか? 同じことを何度も言ったり、聞いたりする 物の名前が出てこない 置き忘れやしまい忘れが目立つ 時間、日付や、場所の感覚が不確かになった 病院からもらった薬の管理ができなくなった 以前はあった関心や興味が失われた 水道の蛇口やガス栓の締め忘れが目立つ 財布を盗まれたと言って騒ぐ 複雑なテレビドラマの内容が理解できない 計算の間違いが多くなった ささいなこと...

  • アルツハイマー型認知症にいいサプリメントは?

    アルツハイマー型認知症にいいサプリメントの記事については→(改訂)アルツハイマー型認知症にいいサプリメントは?をご覧ください。トップページ→「薬のとくさんのサプリ&ハーブで不老長寿」のトップページ→「予防としてのメディカルハーブ&サプリの世界」のトップページ→「レディーのためのダイエットサプリ&ハーブのVIPルーム」のトップページ→「男のためのスペシャルサプリ&ハーブ」のトップページ→「EBMで裏付けされ...

  • アルツハイマー型認知症への接し方は?

    接し方で最も大事なこと 人間は認知症という障害を抱えながらも幸福に生きられるし、また幸福に生きる権利があります。 その人を丸ごと受け入れて、出来るだけ機嫌の良い状態を保つように努めましょう。 認知症の特質(たとえば、忘れやすいということ)をうまく利用するといいのです。 「ご飯まだですか。」(物忘れ) 本人には納得してもらうことが大事で、何が事実か正しいかで争ってはいけません。 反感や被害妄想的な感情を抱...

  • DHA(ドコサヘキサン酸)はアルツハイマー型認知症にいいの?

    DHAは、炭素数が22、不飽和結合が6のn-3系の直鎖の多価不飽和脂肪酸で、EPA(エイコサペンタエン酸)と同様、主に魚に含まれる必須脂肪酸の一つです。 生体内では脳や神経組織、精子などに多く存在し、俗に「動脈硬化、高脂血症、認知症等の予防や改善によい」、「アトピー、アレルギー等によい」、「脳の発達によい」、「がんの発生や転移に効果がある」などといわれています。 ヒトでの有効性については、冠状動脈疾患に対して有効...

  • イチョウ葉エキスはアルツハイマー型認知症に効くの?

    イチョウは、中国原産で、日本でも数多く栽培されている落葉高木です。 中国や日本では種子を漢方として古くから利用しており、中国では紀元前2600年に既に喘息や気管支炎に用いていたという記録があります。 イチョウの中国語名は「銀杏」、「白果」、「公孫樹」であり、中薬ではその種子のみを用いています。 近年、ヨーロッパではイチョウ葉の有効性に関する多くの研究が行われ、イチョウ葉エキスは、俗に「血液循環を良くする...

  • EPAの本命は狭心症、心筋梗塞などの虚血性心疾患?

    EPAは、炭素数が20、不飽和結合が5個のn-3系の直鎖の多価不飽和脂肪酸で、イワシ、マグロ、サバ、カツオ、サンマなどの青味魚の脂肪に含まれる必須脂肪酸の一つです。魚やアザラシを常食するアラスカのイヌイットでは、脂肪摂取量が多いにもかかわらず血栓症や心疾患が非常に少ないことから注目された栄養素です。俗に「動脈硬化、脂質異常症(高脂血症)、認知症などの予防や改善によい」、「アトピー、アレルギー等によい」など...

  • コエンザイムQ10(CQ10)がアルハイマー型認知症に有効?

    老化はアルツハイマー病の一部か、アルツハイマー病が老化の一部か? 医療最先端のホット情報を紹介します。2010年のPsychiartry Todeay no.24 に掲載された記事です。 アメリカのカンサス大学(Scool of Medicine,University of Kansas) のDr.Russell H. Swerdlowらはミトコンドリアカスケード仮説を発表しました。 これによりますと、加齢によりミトコンドリア機能の低下がおこるとそれがある閾値に達するとアルツハイマー型認知...

  • CoQ10(ユビキノン)について本当のことを知っていますか?

    CoQ10(CoQ10:コエンザイムQ)は、サプリメントとして有名ですが、もともとは医薬品として心臓病の治療薬としてエーザイより販売されていました。 CoQ10の成分は、ユビデカレノン(ユビキノンともいいます)で医薬品として「ノイキノン」という商品名( 製造販売元エーザイ)で30年前から販売されています。一般用医薬品(店頭品)としてはユビテンS(エーザイ)の名で販売されています。 CoQは、Coenzyme Q(コエンザイムQ:...

  • コエンザイムQ10(CoQ10)の安全性と相互作用は?

    コエンザイムQ10(CoQ10)はユビキノンとよばれる脂溶性のビタミン様物質であり、体内でも合成されています。その中でもCoQ10が動物に存在する型になります。コエンザイムQ10の「10」という数字は構造中のイソプレンという化学構造の繰り返し数を表しています。俗に「活性酸素の増加を抑制する」などといわれています。ヒトでの有効性については、ミトコンドリア性脳脊髄障害の治療、軽度・中等度の心不全などに対して補助的に有効性...

≪前のページ≪   1ページ/4ページ   ≫次のページ≫