・ポリフェノール類(ファイトケミカル フラボノイドグループ) ・食物繊維 ・抗酸化(老化の予防)作用 を有する栄養成分とその働き ・抗酸化作用(老化の予防) を有する栄養成分とその働き(一覧) ・抗酸化作用(老化の予防) を有するビタミン ・抗酸化作用(老化の予防) を有するミネラル ・抗酸化作用(老化の予防) を有する脂質・脂肪酸 ・抗酸化作用(老化の予防) を有する食物繊維 ・抗酸化作用(老化の予防) を有するアミノ酸 ・抗酸化作用(老化の予防) を有するファトケミカル(ユリ科野菜) ・ビタミン剤の抗酸化作用の強さ比較は?

プロフィール

くすりのとくさん

Author:くすりのとくさん
<プロフィール> 
トクダ健康メディカル 代表
徳田 正武(TOKUDA MASATAKE)
健康メディカルコンサルタント
&アドバイザー 

国内大手製薬会社で40年のキャリアがあります。 薬剤師、薬理学修士、慶應義塾大MBA(嶋口ゼミ)取得者で血栓止血領域(ワルファリン等)・血管・CT・MRI造影剤領域プロダクトマネージャー、安全管理部(GVP)、渉外部、医療機器分野の新規事業部長の経験があります。

趣味:パラグライダー、フライフィッシング、ゴルフ、テニスなど

ブログ管理
新しくブログを書く
過去の記事の管理

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

姉妹サイト紹介


ブログ名
EBMで裏付けされた健康メディカル情報
新しい話題、ホットな情報はこちらのサイトでもアップしています!! 是非どうぞ!
ブログ紹介
世界で最も権威のあるハーブ&サプリメントの聖書として有名な「ナチュラルスタンダードによる有効性評価 ハーブ&サプリメント」をベースにEvidence Based Medicine(EBM)=医学的なエビデンスに基づいた有効性、安全性と相互作用情報を不老長寿を目指す中高年者及びシニアを対象に広く情報提供します。 とくに、アルツハイマー型認知症、高血圧、糖尿病、高脂血症、痛風、がん(癌)、心房細動、前立腺肥大、逆流性食道炎、骨粗鬆症、肝疾患、更年期障害、リウマチなどの疾病や生活習慣病を日常の食品やサプリ&ハーブで予防するという健康VIPルームです。

ご案内(掲示板):最も権威あるサプリ情報


ナチュラルメディスン(メディカルハーブ&サプリ)の世界には医学的にエビデンス(根拠)のない情報があふれかえっているのも事実です。高血圧症にいいとか、ガンにいいとか、コレステロールを下げるとかなど何を根拠に言っているのか疑問に思われる情報が飛び交っています。どれが本当でどれがウソなのかわからなくなっています。

このブログでは世界で最も権威のあるハーブ&サプリメントの聖書として有名な 「ナチュラルスタンダードによる有効性評価 ハーブ&サプリメント」でAランク、Bランクを中心に(一部Cランクまで)を紹介しています。
ランク付けは「 A:強力な科学的根拠がある   B:十分な科学的根拠がある  C:不確かあるいは相反する科学的根拠がある」となっています。

「ナチュラルスタンダードによる有効性評価 ハーブ&サプリメント」(キャサリン・E.ウルブリヒト&イーサン・M.バッシュ編集 産調出版 定価24,000円)

→「 医学的なエビデンス(EBM*)に基づいたサプリ&ハーブ情報」の詳細ページを開く

リンク

全記事表示リンク

RSS

カテゴリ:番外:栄養成分データーベースのエントリー一覧

  • ポリフェノール類(ファイトケミカル フラボノイドグループ)

    ポリフェノール類 (1)すべてのポリフェノールがビタミンEより強い抗酸化作用を有し、細胞内でも細胞間でも細胞膜上でもオールラウンドに作用します。 (2)ポリフェノールは2つ以上のOH(水素基)がついたフェノール環構造をもつ分子の総称です。 (3)赤ワイン中のポリフェノールはタンニン、カテキン、アントシアニン、リスベラロールなどです。 赤ワイン、バナナ、マンゴー、ブルーベリー、しゅんぎく 1)アントシアニ...

  • 食物繊維

    食物繊維には A.水溶性食物繊維(ペクチン、ゴマリグナン、アルギン酸、ラミナリン、フコイダンなど)、B.不溶性食物繊維(セルロース、リグニン、β-グルカンなど)、C.その他(コンドロイチン硫酸、キチン・キトサンなど)があります。 薬とメディカルハーブ&とサプリの有効性、安全性(副作用)と相互作用(飲み合わせ)のことならスペシャルサイト(姉妹サイト)→→→「予防としてのナチュラルメディスン(メディカルハーブ...

  • 抗酸化(老化の予防)作用 を有する栄養成分とその働き

    抗酸化作用とは何だろう肉類(鶏肉、牛サーロイン、牛リブロース、牛肩ロース、豚バラなど)、生クリーム/乳脂肪,クリームチーズ、カマンベールチーズ、コンビーフ、ベーコン、ソーセージ、ファーストフード(マクドナルド、ケンタッキーフライドチキン、ミスタードーナツなど)、卵黄、ケーキ、スナック菓子、バター、などは、誰でもが通常に摂取しているものです。これら乳製品、肉類にはいずれも飽和脂肪酸ならびにn-6系列の多...

  • 抗酸化作用(老化の予防) を有する栄養成分とその働き(一覧)

    [ビタミン] →→ビタミンの詳細ページを開く1.ビタミンA(カロチノイド)1)β-カロチン:吸収されるとビタミンAになるプロビタミン(カロチノイド)2)リコピン(カロチノイド) 3)カプサンチン(カロチノイド) 2.ビタミンB23.ビタミンB64.ナイアシン(ニコチン酸、ニコチンアミド) 5.ビタミンC6.ビタミンE7. ビタミンQ(コエンザイムQ108.イノシトール (抗脂肪肝ビタミン) 9.オロット酸(ビタ...

  • 抗酸化作用(老化の予防) を有するビタミン

    1.ビタミンA(カロチノイド) ビタミンAは科学名をレチノールといいます。ビタミンAにはレバー、うなぎの蒲焼き、銀だらなどの動物性食品に含まれるものとモロヘイヤ、かぼちゃ、にんじんなどの緑黄色野菜に含まれるものがあり、緑黄色野菜に含まれるものをβ-カロチンと呼びます。β-カロチンは体内に吸収されるとビタミンAに変わります。ビタミンAの仲間にみられる一般的な共通の作用(1)眼の網膜のロドプシンを産生しま...

  • 抗酸化作用(老化の予防) を有するミネラル

    1.カリウム(K) (1) ナトリウム排泄を促進し、血圧降下作用を発揮します。 (2) 煮ると栄養素(K)が1/3失われるため、新鮮な状態で食べる方がお薦めです。 (参考)各種フルーツ(200~500mg)にはカリウムの含量は多く含まれていますが、果糖も多く含まれるため、食べ過ぎると太る原因になります。ブドウ糖はそのままエネルギー源になりますが、果糖は肝臓でブドウ糖に転換されてエネルギーとして蓄積されることになりま...

  • 抗酸化作用(老化の予防) を有する脂質・脂肪酸

    油脂は含まれる「脂肪酸」の種類とその数で次のように分類されます。 分類: 飽和脂肪酸 特徴:エネルギー源(とり過ぎは中性脂肪、LDLの増加) 主な脂肪酸:パルミチン酸、ステアリン酸、ミリスチン酸、酪酸、ラウリン酸 代表的な油脂 含まれる食品 霜降り肉、脂身(ヘット、ラード)、鶏の皮、卵、パーム油、乳製品、ヤシ油 一価不飽和脂肪酸(n-9系列) 細胞膜構成分 (過酸化脂質をつくりにくい) オレイン酸、パルミトオレイ...

  • 抗酸化作用(老化の予防) を有する食物繊維

    食物繊維には A.水溶性食物繊維(ペクチン、ゴマリグナン、アルギン酸、ラミナリン、フコイダンなど)、B.不溶性食物繊維(セルロース、リグニン、β-グルカンなど)、C.その他(コンドロイチン硫酸、キチン・キトサンなど)があります。 A.水溶性食物繊維 1.ペクチン (水溶性および不溶性食物繊維) (1)コレステロールの低減作用があります。 胆汁酸が腸管内で吸収されるのを防ぐことにより、胆汁酸の合成原料であるコ...

  • 抗酸化作用(老化の予防) を有するアミノ酸

    必須アミノ酸: イソロイシン、ロイシン、リジン、含琉アミノ酸(メチオニン+シスチン)、芳香族アミノ酸(フェニルアラニン+チロシン)スレオニン、トリプトファン、バリン、ヒスチジン 非必須アミノ酸: グリシン、アラニン、セリン、シスチン、チロシン、アスパラギン酸、グルタミン酸、ブロリン、アルギニン 1.グリシン(非必須アミノ酸) (1)コラーゲンの主成分で美肌を保ちます。 (2)抗酸化作用、血中コレステロー...

  • 抗酸化作用(老化の予防) を有するファトケミカル(ユリ科野菜)

    ファイトケミカルとは植物由来の抗酸化栄養素のことで、ユリ科の野菜に属します。ファイトケミカルには強い抗酸化作用を有する物が多く、広く生活習慣病の予防に役立ちます。食べ物からも供給できますが、サプリメントとして普及しているものも多く見られます。 (1)植物由来で強い抗酸化作用を有します。 (2)ファイトケミカルは植物の色素を構成します。 a) オレンジ  β-カロチン b) 赤色    リコピン、カプサンチン...

  • ビタミン剤の抗酸化作用の強さ比較は?

    抗酸化作用の強さをin vitroで比較したものです。標準ビタミンE(α-トコフェロール)コエンザイムQ10ビタミンC強いα-トコトリエノール(VEの10倍)強力カロチン(VEの50倍)カプサンチン(VEの50~100倍)リコピン(VEの100倍)サプリメントとの相互作用と安全性情報については姉妹サイトの→「予防としてのナチュラルメディスン(メディカルハーブ&サプリ)の世界」を必ず参照されてからお使いください。→→トップページ...

≪前のページ≪   1ページ/1ページ   ≫次のページ≫