・タウリン(含硫アミノ酸) ・ゴマリグナン類: セサミン等) (ファイトケミカル,水溶性食物繊維)  ・オロット酸(ビタミンB13) ・イノシトール:抗脂肪肝ビタミン ・クルクミン(ウコンの成分):その他のファイトケミカル ・グルタチオン (3つのアミノ酸が結合したトリペプチド) ・スレオニン(脂肪肝予防必須アミノ酸) ・医学的なエビデンス(EBM*)に基づいたサプリ&ハーブ情報(10) ・ゲルマニウム(Ge):ミネラル ・肝臓にいいサプリ、ハーブ、健康食品は?

プロフィール

くすりのとくさん

Author:くすりのとくさん
<プロフィール> 
トクダ健康メディカル 代表
徳田 正武(TOKUDA MASATAKE)
健康メディカルコンサルタント
&アドバイザー 

国内大手製薬会社で40年のキャリアがあります。 薬剤師、薬理学修士、慶應義塾大MBA(嶋口ゼミ)取得者で血栓止血領域(ワルファリン等)・血管・CT・MRI造影剤領域プロダクトマネージャー、安全管理部(GVP)、渉外部、医療機器分野の新規事業部長の経験があります。

趣味:パラグライダー、フライフィッシング、ゴルフ、テニスなど

ブログ管理
新しくブログを書く
過去の記事の管理

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

姉妹サイト紹介


ブログ名
EBMで裏付けされた健康メディカル情報
新しい話題、ホットな情報はこちらのサイトでもアップしています!! 是非どうぞ!
ブログ紹介
世界で最も権威のあるハーブ&サプリメントの聖書として有名な「ナチュラルスタンダードによる有効性評価 ハーブ&サプリメント」をベースにEvidence Based Medicine(EBM)=医学的なエビデンスに基づいた有効性、安全性と相互作用情報を不老長寿を目指す中高年者及びシニアを対象に広く情報提供します。 とくに、アルツハイマー型認知症、高血圧、糖尿病、高脂血症、痛風、がん(癌)、心房細動、前立腺肥大、逆流性食道炎、骨粗鬆症、肝疾患、更年期障害、リウマチなどの疾病や生活習慣病を日常の食品やサプリ&ハーブで予防するという健康VIPルームです。

ご案内(掲示板):最も権威あるサプリ情報


ナチュラルメディスン(メディカルハーブ&サプリ)の世界には医学的にエビデンス(根拠)のない情報があふれかえっているのも事実です。高血圧症にいいとか、ガンにいいとか、コレステロールを下げるとかなど何を根拠に言っているのか疑問に思われる情報が飛び交っています。どれが本当でどれがウソなのかわからなくなっています。

このブログでは世界で最も権威のあるハーブ&サプリメントの聖書として有名な 「ナチュラルスタンダードによる有効性評価 ハーブ&サプリメント」でAランク、Bランクを中心に(一部Cランクまで)を紹介しています。
ランク付けは「 A:強力な科学的根拠がある   B:十分な科学的根拠がある  C:不確かあるいは相反する科学的根拠がある」となっています。

「ナチュラルスタンダードによる有効性評価 ハーブ&サプリメント」(キャサリン・E.ウルブリヒト&イーサン・M.バッシュ編集 産調出版 定価24,000円)

→「 医学的なエビデンス(EBM*)に基づいたサプリ&ハーブ情報」の詳細ページを開く

リンク

全記事表示リンク

RSS

カテゴリ:肝疾患(肝機能低下、脂肪肝、肝炎、肝硬変)のエントリー一覧

  • タウリン(含硫アミノ酸)

    タウリン(含硫アミノ酸)タウリンは、魚介類に多く含まれる含硫アミノ酸で、ヒトでは心筋、筋肉、脾臓、脳、肺、骨髄などに存在しています。一般に「血中脂質を改善する」「肝機能を高める」「血圧を下げる」といわれており、「うっ血性心不全および肝炎」に対して有効性が示唆されています。安全性については、適切に経口摂取する場合は安全性が示唆されています。(1)うっ血性心不全に経口摂取で有効性が示唆されています 。...

  • ゴマリグナン類: セサミン等) (ファイトケミカル,水溶性食物繊維) 

    ゴマリグナン類 (セサミン等) (水溶性食物繊維、ファイトケミカル) ゴマにはセサミン、セサモール、セサミノールなどさまざまなゴマリグナンが含まれています。中でも50%以上を占める主成分である「セサミン」には不老長寿の根拠となる優れた効果があることが、最近の研究で明らかになってきました。 植物油は古くなってくるとドロドロとして、臭いも悪くなってきます。これは、植物油が空気にふれて酸化したためで、このように...

  • オロット酸(ビタミンB13)

    オロット酸(ビタミンB13) (1)肝臓の障害や早すぎる老化を予防します。 肝臓障害や早すぎる老化を予防するはたらきがあると、推察されています。(2)葉酸やビタミンB12の代謝を助けます。 オロット酸はビタミンと似た作用をもちますが 体内で合成されるため必須ではなく 正式にはビタミンとされず、厳密にはビタミンではなく、ビタミン様物質です。水溶性でビタミンB13とも呼ばれ、葉酸やビタミンB12の代謝にはたらいて...

  • イノシトール:抗脂肪肝ビタミン

    イノシトール (抗脂肪肝ビタミンとも呼ばれるビタミンB群の1つ) イノシトールはイノシットとも呼ばれている水溶性のビタミン様物質です。植物中では遊離型のイノシトール又はそのリン酸エステル体(フィチン酸)として存在しています。一方、動物体内ではイノシトールまたはイノシトールリン酸の形で存在しています。一般に食品添加物(強化剤)として利用されています。俗に、「脂肪肝や動脈硬化を予防する」、「脳細胞に栄養を与...

  • クルクミン(ウコンの成分):その他のファイトケミカル

    クルクミン(ウコンの成分) クルクミンは、カレー粉のスパイスに混合してあるターメリック(ウコン)に含まれる黄色の色素で、スパイスや、食品添加物(着色料)として利用されています。一般に、「抗酸化作用がある」、「肝臓によい」、「発がんを抑制する」などといわれています。(1)体内でテトラヒドロクルミンに変化して強い抗酸化作用を発揮します。 (2)血小板凝集抑制作用があります。 (3)胆汁の分泌を促進し、肝臓の...

  • グルタチオン (3つのアミノ酸が結合したトリペプチド)

    グルタチオン(3つのアミノ酸が結合したトリペプチド) (1)強力な解毒作用があります。 (2)活性酸素の働きを妨げ過酸化脂質の発生を防止します。 (3)肝臓機能を強化します。 (4)抗ガン剤の副作用を防止します。 グルタチオンを多く含む食品 ほうれんそう、ブロッコリー →「薬のとくさんのサプリ&ハーブで不老長寿」のトップページ→「予防としてのメディカルハーブ&サプリの世界」のトップページ→「レディーのための...

  • スレオニン(脂肪肝予防必須アミノ酸)

    スレオニン(脂肪肝予防必須アミノ酸) スレオニン(トレオニン)は、体内で合成できない必須アミノ酸の一つであり、リジンと並んで穀類などでは含量が低くまた、消化吸収が悪い特性があるため不足しやすいアミノ酸です。スレオニンは、食事からとリ入れたたんぱく質を使うときに必要とされ、成長と新陳代謝をうながす働きをします。脂肪肝の予防効果があり、アルコール飲料の飲み過ぎや、脂肪の多い食事の食べすぎなどで、肝臓に余分...

  • 医学的なエビデンス(EBM*)に基づいたサプリ&ハーブ情報(10)

    世界で最も権威のあるハーブ&サプリメントの聖書として有名な 「ナチュラルスタンダードによる有効性評価 ハーブ&サプリメント」でAランク、Bランクのものを紹介します。  A:強力な科学的根拠がある B:十分な科学的根拠がある 肝臓疾患(慢性肝炎、肝硬変)ランクA:なしランクB:オオアザミ、シリマンオオアザミは、別名「ミルクシスル」といいます。「聖母マリアの乳」に由来し、ヨーロッパで2000年前から親しまれ...

  • ゲルマニウム(Ge):ミネラル

    ゲルマニウム(Ge) (1) 抗酸化作用があります。 (2) 免疫機能の向上作用(インターフェロンの産生作用)があります。B型ウイルス肝炎の治療に使われています。 (3) がんや痴呆の予防にも効果が期待されています。 ゲルマニウム(Ge)を多く含む食品 ムツ、ニシン、干しひじき、シシャモ →「薬のとくさんのサプリ&ハーブで不老長寿」のトップページ→「予防としてのメディカルハーブ&サプリの世界」のトップページ→「レディ...

  • 肝臓にいいサプリ、ハーブ、健康食品は?

    イノシトール(抗脂肪肝ビタミンとも呼ばれるビタミンB群の1つ) イノシトールを多く含む食品 柑橘類、豆類、小麦胚芽(1)肝臓での余分な脂肪やコレステロールの蓄積を予防します。脂肪やコレステロールの流れをスムーズにして、これらが肝臓や動脈に付着するのを予防します。とくに肝臓に脂肪がたまりすぎないようにするため「抗脂肪肝ビタミン」と呼ばれています。医療の現場でも脂肪肝・肝硬変等の予防・治療薬に使われていま...

≪前のページ≪   1ページ/1ページ   ≫次のページ≫